【目線は大事】


おはようございます、院長の馬場です。
今日は目線についてのお話。
姿勢と腰痛のお話をする時、視線はとても重要です。
例えば、
視線が下を向いているとくびも曲がり、
結果背中が丸まり腰に負担が加わります。
やはり多くの方が下を向きがちで、
不良姿勢、腰痛を慢性化してしまっているケースもあります。

身体はつながっているので、一つの要素が結果として長引く悩みに
つながることがあるのです。
普段のなかで意識するとよい事
①パソコンのモニターを正面の目線に合わせる
②中腰で作業するときは首はまげないで、足腰を曲げる
③常に下をむいて歩くのはやめる

日々の視線を意識することで、
より一段階上の健康にちかずきましょう(^^)/

☆ 人気ブログランキング 上昇中  ☆

△ 今日は 何位!? △

このブログを見た後は、ここ ↓ を 必ず クリック お願いします (^^)/

整骨院ブログランキング